廉価版とハイエンド版。次期iPhoneは2つのラインアップに!?

AppleInsiderさんによると、Lazard Captial Marketsのアナリストであるダニエル・アミール氏が、アップルが新しい2機種の「iPhone」を開発しているようだと伝えているそうです。
APPLE LINKAGEさん経由)
 
もう4月2日になりましたので、今度は本当の話しです..。(といっても噂ですが)
 
 


記事によりますと、新しいiPhoneは、ハイエンド版とローエンド版の2機種があり…
 
ハイエンド版は
・ビデオ機能
・より優れたカメラ
・32GB
 
ローエンド版は
・容量が少ない
・ビデオ機能なし
・Wi-Fiもないかもしれない
 
とのことです。
iPhone nanoの噂が出たとき、Wi-Fiがないかも?という噂がありましたが、もしかして、ここに繋がってきてるのかな?
 
発売時期にいては、4月に製造が開始、5月に量産、6月に発売とのこと。
 
アナリストのレポートということで、どれほど信憑性は怪しいですが、この不況ですし、中国や新興国をターゲットに廉価版というのもありえるのかもしれませんね。
 




2 件のコメント

  • 僕も昨日知ったのですが今まで言われてきたPSP DSに対抗した3D性能 ネットの高速化 チップ性能の上向iphoneは?
    あの流出したと思われる次期iphoneの画像はこのiphoneだったのか?
    本当に次期iphoneがこの2種類だけ?
    もしこれだけなら日本では販売なし?
    どっちにしても昨日のiphoneは日本では販売されないようですね
    でもアップルの発表ではないので噂として受け入れています

  • ちゃちゃさん
    >あの流出したと思われる次期iphoneの画像
    って、劇薄のアレのことかな? あれは、流出じゃなくて、こんなんだったら良いな的な画像だと思いますよ。
    アナリストの話しで、単なる予想なのか、ある程度ソースがあっての話しかは分かりませんが、記事中にも書いてあるように噂とうけるとの無難でしょうね。もし本当だとしたら、元記事にはかいていありませんが、日本ではもちろんハイエンドの方が売られるでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。