モバイルWi-Fiルータとしての実力は? IDEOSレビュー バッテリ検証編

Wi-Fiルーターにもなる日本通信さんのAndroid端末「IDEOS」のレビュー第7弾。開封編外観チェック編起動編U300編テザリング編イーモバSIM編
 
久々の今回は、バッテリー検証編。IDEOSをWi-Fiルータとして使った時のバッテリの保ちを検証します。
これまで使っていたイーモバイルのPocket WiFiは、バッテリの保ちがイマイチで、頻繁に電源をON/OFFして節約していましたが、IDEOSのバッテリ容量はPocket WiFiよりの1500mAhよりさらに小さい1200mAh。意外に保つという情報もあるようですが、実際どれくらいの差があるのか、検証してみます。
 
IDEOS_Bat_1.jpg IDEOS_Bat_2.jpg
 


条件は、IDEOSに日本通信のU300(FOMA網)のSIMで、テザリングON。iPhoneは、3GをOFFにして、Wi-FiはIDEOSのWi-Fiを選択肢。データ取得をプッシュに設定し、一晩放置します。
 
結果は朝まで約7時間放置して、バッテリ残量は27%。こちらの記事とほぼ同じ結果でした。
 
 
続いては、Pocket WiFiの検証。3月に購入しましたが、使用したのは1,2ヶ月に1度程度。バッテリの消耗はあまりないと思われます。
Pocket WiFiには、イー・モバイルのSIMを入れて通信。その他は先ほどと同じ条件でテスト。
 
IDEOS_Bat_3.jpg IDEOS_Bat_4.jpg
 
4本のバッテリ表示が0本になり「Low Battery」の表示が出てました。ってことは、やっぱりIDEOSの方が保ちが良さそうですね。
バッテリ容量の差よりも、Andoroidのバッテリ管理が賢いか、ハード的にIDEOSの方がバッテリを食いにくいのかな。
 
でもやっぱり、この程度だと予備のバッテリは欲しいところですね。Android端末としてもいじりたいし。
 
 
「IDEOS バッテリ」を探す⇒Amazon 楽天
 
日本通信版IDEOS(BM-SWU300)を探す⇒Amazon楽天
海外輸入版IDEOS(U8150-B)を探す⇒Amazon楽天

 




1 個のコメント

  • HTC Aria+芋場で使っていますが、通常使用で約10時間、テザリング又はNAVI使用だともっと短くなります。
    予備バッテリーは必須ですね。