iFixitが新型「iPad Pro」のバラシを公開。新Apple Pencilは将来ジェスチャー操作にも対応?

iFixitさんが、新型の「iPad Pro」11インチモデルのバラシを公開しています。

10.5インチのiPad Proと同様に、バッテリが大部分を占めており、中央にはロジックボードが配置されています。ロジックボードは、従来よりもかなり細長に小型化されているようです。

修理のし易さは、10点満点中の3点。かなり難しめの判定。バッテリーが接着剤で貼り付けられているなどが理由のようです。




新型「Apple Pencil」もバラされています。

前モデル同様に、外装は切り裂いてしまわないと、中にアクセスできないようです。
ちなみに、バッテリの交換料金は、前モデルと変わらず3,200円です。

新型では、タップでの操作が可能になっていますが、そのために格子目のセンサーが内蔵されています。このセンサーは、将来より複雑なジェスチャー操作にも対応するかもしれないそうです。


関連記事

先ほど行われた、Appleのスペシャルイベントで、噂通り、新型「iPad Pro」が発表されました。噂の通りの点も多いですが、それ以上と言ってもいい新型「iPad Pro」。そのポイントをチェックしてみます。新デザインご覧...
11月7日に発売される、新型「iPad Pro」の先行レビューが解禁となりましたので、まとめてどうぞ。11インチモデル、シルバー12.9インチモデル、スペースグレイ12.9インチモデル、シルバー人気は、11インチになりそう...




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。