米有力メディアがiPhoneレビュー公開。課題もチラホラ!?

CNET Japnanさんに、「iPhone」の使い心地は?–米有力メディアが続々と試用レビューを掲載という記事が掲載されていました。
 
Wall Street JournalとNew York Timesが、2週間iPhoneを試用したレビューが、そろって公開されたそうです。
 
それぞれの総評は、

「欠点と抜け落ちた機能がいくつかあるが、全体的に見て、iPhoneは美しく画期的なハンドヘルドコンピュータだというのが、われわれの結論だ」
「派手な前評判の大部分と、批判の一部は正しかったことが判明した。iPhoneは革命的でもあり、欠点もある」

前評判が高いだけに、期待してしまいますが、なかなか最初から完璧というわけにはいかないみたいですね。
 
問題点として挙げられているのは、
・タッチスクリーン式のキーボード
 小さいキーで入力はもどかしい。
 テキストをカット、コピー、ペーストする手段がない
・インターネット接続が遅い
 Wi-Fi接続ポイントが使えない場合、Amazonの表示に100秒、Yahooは2分
 
キーボードについては、問題ないとしているレビューもあり、指の大きさとかにもよるのかな?
テキストのコピーができないと言うのは、私も問題あると思う。Webページからコピーして、メールにペーストなんて、よくやることだし。
 
日本の携帯電話でもPCサイトをフル表示するのは、恐ろしく時間がかかるので、日本の3Gよりも遅いEDGEという通信方式を使っているiPhoneでは、もっと大変でしょうね。
iPhoneのsafariは、テキストブラウズとかに設定できるのかなぁ?
 
追記
ちょうどアップルがiPhone keyboardというビデオを公開していました。
スペルチュック機能などで、入力間違いを防ぐ試みが多数組み込まれているようですね。
iPhoneを横にして、もうちょっとキーが大きくなるモードとかが有れば、いいんじゃないかなぁ。
 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。