Appleが発表した新サービスの特徴・提供国/時期・料金のまとめ。

本日開催されたAppleのスペシャルイベント発表された新サービスのポイントをまとめておきます。


Apple News+

Apple News+
これまでのニュースに加え、雑誌も読めるようになります。
雑誌の紙面をそのまま掲載ではなく、表示するデバイスに合わせたレイアウトで、動画も表示されます。
様々なジャンルの300誌以上が提供されいます。


特徴

  • 簡単に使える
  • 細部へのこだわり
  • プライバシーとセキュリティを確保
  • キュレーション
  • パーソナライズ
  • ファミリー共有可能


提供される国、時期

本日から:米国、カナダ
秋から:英国、オーストラリア

日本については、言及なし。時間かかりそう…。


料金

月額9.99ドル。(ファミリー共有も追加料金なし)

日本の雑誌読み放題サービスと比べると、ちょっと高いかな。サービスの中身は全然違うけど。


AppleCard

AppleCard
物理カード不要で、iPhoneだけで使えるクレジット決済サービス。
決済額の2%が毎日集計されてキャッシュバック。Apple関連のお店、サービスの決済は3%。
チタン製の物理カードでの利用も可能。
利用状況は、アプリ詳しく表示できる。

特徴

  • 直接カード番号を使わずに決済できる仕組みで安全
  • 支出などの情報は収集されずプラバシーは保護される
  • ポイントではなく、キャッシュで還元される


提供される国、時期

夏から:米国

料金

年会費無料


Apple Arcade

Apple Arcade
ゲームアプリのサブスクリプションサービス。
100以上のゲームが遊び放題、

特徴

  • 簡単に使える
  • 細部へのこだわり
  • プライバシーとセキュリティを確保
  • キュレーション
  • パーソナライズ
  • ファミリー共有可能


  • 100以上の最新ゲームが遊べる
  • 広告、追加料金なし
  • さまざまなデバイスで遊べる
  • オフラインプレイ可能


提供される国、時期

秋から:150カ国以上(日本も含む)

料金

未発表


Apple TV channels

「Apple TV channels」(サービスではなくアプリですが、紹介します)
これまで、チャンネルごとに、個別のアプリを使って視聴していたが、1つのアプリで全てを見られるようにする。
iTunesの映画も、HuluもAmazon Primeビデオも。
検索も、全チャンネルを横断して可能。


特徴

  • 全て見たいチャンネルを1つのアプリで
  • オンデマンド、広告なし
  • オフラインでも視聴可
  • 最高の画質と音で
  • ファミリー共有


提供される国、時期

5月(Apple TV, iPad, iPhone向け):100以上
秋にはMac向けも。

Samsung、LG、SONY、VISIOのスマートテレビやfire tvなどでも提供される。


Apple TV+

Apple TV+
Appleのオリジナル映像コンテンツを配信するサブスクリプションサービス。
ドラマ、ドキュメンタリー、コメディ、子供向けなど、さまざまな番組などを提供。

特徴

  • 広告なし
  • Appleオリジナル
  • 100カ国以上で提供


提供される国、時期

秋から:100以上(日本を含む)

料金

未発表



とりあえず、日本での提供が確定しているのは、「Apple Arcade」「Apple TV+」と、アプリの「Apple TV channels」。

他のサービスも早く来て欲しいけど、「AppleCard」とかパートナーとなる金融機関から探す必要ありそうだし、数年はかかるかなぁ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。