今年もオンライン。「WWDC22」が6月6日から開催決定。

Appleが、世界開発者会議「Worldwide Developers Conference」を6月6日(月)から6月10日(金)までオンラインで開催すると発表しています。

Appleは本日、毎年開催している世界開発者会議(WWDC)を6月6日から10日までオンライン形式で開催することを発表しました。すべての開発者は無料で参加できます。過去2年間のバーチャルイベントの成功を受け、WWDC22では、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSにおける最新のイノベーションを披露するほか、Appleのエンジニアやテクノロジーとつながり、画期的なアプリケーションやインタラクティブな体験を作り出す方法を学ぶ機会を開発者に提供します。

今回もオンライン開催ですが、6月6日にApple Parkで開発者と学生のためのSpecial dayを開催され、基調講演などのビデオを視聴するイベントも開催されるそうです。

バナーには、Swiftのアイコンが描かれていますが、Swiftに大幅なアップデートが加えられるのかな? VR/AR関係の発表も気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です