次期「iPad mini」は8.3インチディスプレイ搭載で年内発売?

9to5Macによると、次期「iPad mini」は8.3インチのディスプレイを搭載するとのことです。

今年後半に登場する「iPad mini 6」は、ボディサイズは現行と同じですが、ホームボタンがなくなり、8.3インチのディスプレイを搭載するとのことです。

ホームボタンがなくなりますが、FaceIDを採用するのか、iPad Airのように電源ボタンにTouch IDを搭載するかは不明としています。


先日は、USB-CポートとSmart Connectorを搭載すると情報もあり、かなりスペック具体的になってきましたね。

久々の新型iPad miniなので、待って人も多いかも。
小さいボディても大きなディスプレイで、人気になりそうですね。

9to5Macによると、新しい「iPad mini」は、A15チップやUSB-C、Smart Connectorを搭載するようだと伝えています。記事によると、今年後半にコードネーム「J310」とされる、新型iPad miniが登場するとのことです。新iPad miniは、A15プロセッサを搭載し、USB-C接続を採用、磁気式のSmart Connectorを搭載することとのことです。他のiPadシリーズと同じ仕様になるとのこと。Magic Keyboardなどのアクセサリも用意されそうですね。おそらくホームボタンがなくなり、ベゼルも狭くなるった新しいデザインになると思います。ディスプレイサイ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。