前期比4%増!! Apple、今期2億1300万台のiPhoneを生産。

日本経済新聞が、「<東証>村田製が安い 「米アップル、iPhone今期4%増産」」という記事が掲載されていました。

「米アップルが2020年4月~21年3月(20年度)のスマートフォン『iPhone』の生産台数について、前期比4%増の約2億1300万台とする見通しを複数のサプライヤーに伝えたことがわかった」

コロナの逆風の中ですが、一部の部品で供給リスクがあるため、高速通信規格「5G」向け新機種の在庫を積み増すとのことです。

コロナの影響がいつまで続くかわかりませんので、かなり挑戦的な数字な気がしますが、今年の2〜3月あたりはすでにコロナの影響で生産台数が落ちていたのかもしれません。

早くコロナが収まり、AppleストアでiPhoneが買える日常が戻ってくるといいですね。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。