新「iPhone SE」と「iPhone 11」「iPhone XR」「iPhone 8」、スペック&価格比較。

ついに発表された、久々の低価格iPhone、「iPhone SE (第2世代)」。

低価格ながら、最新「iPhone 11」と同じ「A13 Bionic」チップを搭載しつつ、生体認証は「Face ID」ではなく、「Touch ID」を採用していたり、iPhoneシリーズの中での、ちょっと微妙なポジションな感じもします。

ということで、ライバルとなりそうな現役モデル「iPhone 11」「iPhone XR」と、Apple公式ストアからは消えましたが、まだお店によっては取り扱いのある「iPhone 8」とスペック、価格などについて比較してみたいと思います。


比較表

異なるポイントまとめると、このようになります。
(すべて表示されない場合は、横にスクロールできます)

iPhone 11iPhone XRiPhone SE
(第2世代)
iPhone 8
ディスプレイサイズ6.1インチ6.1インチ4.7インチ4.7インチ
タッチ操作触覚タッチ触覚タッチ触覚タッチ3D Touch
サイズ150.9x75.7x8.3150.9x75.7x8.3138.4x67.3x7.3138.4x67.3x7.3
重量194g194g148g148g
搭載チップA13 BionicチップA12 BionicチップA13 BionicチップA11 Bionicチップ
メインカメラデュアル12MPカメラ
(超広角と広角)
シングル12MPカメラ
(広角)
シングル12MPカメラ
(広角)
シングル12MPカメラ(広角)
フロントカメラTrueDepthカメラ
12MP
TrueDepthカメラ
7MP
FaceTime HDカメラ
7MP
FaceTime HDカメラ
7MP
ポートレートモード-
アニ文字とミー文字--
生体認証Face IDFace IDTouch IDTouch ID
バッテリー
駆動時間
iPhone XRより最大1時間長いiPhone 8 Plusより最大1.5時間長いiPhone 8とほぼ同じiPhone 7とほぼ同じ
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)nano-SIM
防水仕様IP68等級
(最大水深2メートルで最大30分間)
IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
IP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)
容量64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
カラーパープル
イエロー
グリーン
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
ブルー
イエロー
コーラル
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
シルバー
スペースグレイ
シルバー
価格(税別)74,800円から64,800円から44,800円から39,800円から
(新SE発表後の相場目安)
発売日2019年9月20日2018年10月26日2020年4月24日2017年9月22日

「iPhone SE(第2世代)」と「iPhone 8」の差は、チップのA11とA13以外は、わずかな差。
ただ、この差で、おそらくiOSのサポート終了は2年違ってくるので、長く使うなら大きな差になりそう。

「iPhone 11」「iPhone XR」との比較では、「iPhone 11」とはA13が共通な以外は、やや劣るスペックですが、「iPhone XR」とは、買ったり負けたりと微妙な違いとなっています。


最大のポイントは「サイズ」

細かいスペックの差はありますが「iPhone SE」を選ぶかどうかの最大のポイントは、ボディとディスプレイの「サイズ」。

ボディサイズは全然違いますし、ディスプレイはさらに違います。

ボディ横幅8mmの差は、持った感覚は全然違います。
6.1インチと4.7インチのディスプレイの差は、対角線で35mmも違います。
この差は大きいです。

まず、サイズが自分に合っているのかが、選定のポイントになると思います。

iPhone SE (第2世代)」の予約受付は、4月17日、午後9時から。
Apple公式ストアでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。