iPhone 12の「セラミックシールド」はマジ最強!! 他の部品が壊れても割れず。

YouTubeチャンネルEverythingApplePro EAPさんが、「iPhone 12 mini」、「iPhone 12 Pro Max」の落下テストを公開しています。

落下テストは、腰の高さ、頭の高さ、3メートルの3つの高さから、それぞれ、底面(Lightningがある面)、背面、ディスプレイ面の3方向から落として、破損具合をチェックされています。
落下させる床は、コンクリートのようです。


iPhone 12は「セラミックシールド」搭載


iPhone 12シリーズでは、ディスプレイ面に「Ceramic Shield(セラミックシールド)」が採用されています。

ほとんどの金属よりも硬い、ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んで作りました。簡単そうに聞こえるかもしれませんが、セラミックは透明ではないため、とても難しいプロセスです。私たちは、クリスタルの種類と結晶化の程度をコントロールすることで、高い透明度を維持しながら、セラミックの強度を最大限まで高める特別な調合法を開発。この画期的な手法により、ディスプレイに最適なCeramic Shieldが誕生しました。これまで、ほかのどんなスマートフォンにも使われていません。そして、どんなスマートフォンのガラスよりも頑丈です。

という、すごいやつです。

その耐落下性能は、なんと従来の4倍。
今回の落下テストでその強さは証明されるのか?注目です。


腰の高さから

腰の高さからの落下では、フレームに傷が入る程度で、目だった損傷はなしです。

まだまだこれくらいで壊れられては困ります。


頭の高さから

頭の高さからの落下でも、底面、ディスプレイ面からの落下では大きな損傷なし。「セラミックシールド」もその性能を発揮しているようです。

背面の落下では、「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」共にに、背面ガラスが割れてしまいました。

この状態でも動作には問題はありませんでした。


3mの高さから

最後は脚立の上、3mの高さかのテスト。

「iPhone 12 Pro Max」では、まず底面からの落下で、すでに割れていた背面ガラスの一部が飛び散るほどの激しい衝撃を受けますが、それでも「セラミックシールド」に破損なし。

さらに背面、ディスプレイ面と、計3回3mの高さから落下させても「セラミックシールド」に破損はありませんでした!!

ただし、ディスプレイ面とフレームの間に隙間ができ、ついにはタッチパネルも反応しなくなってしまいました。

「iPhone 12 mini」は、最後まで動作にも問題なし。もちろん「セラミックシールド」も無傷でした。


「セラミックシールド」はマジ最強!!

「セラミックシールド」の強度は本物でした!!

3回も3mから落として、フレームとの間に隙間ができても、「セラミックシールド」の下のディスプレイが壊れても、「セラミックシールド」だけは割れることはありませんでした。

ただ、背面のガラスは、割れに注意が必要。頭の高さからの落下でも割れることがありそうです。

もし背面ガラスが割れてしまった場合の修理費は、64,800円。
ぜひ次モデルでは、背面も「セラミックシールド」にして欲しい..。

背面割れ対策には、ケースを着けるのが有効だと思います。
でも、Proの美しいフレームを隠すのは偲びないという場合は、AppleCare+や「モバイル保険」などの保険をかけるというのもありだと思います。

「iPhone 12」シリーズは、久しぶりのデザインの刷新、5G対応、MagSafeなど、大きな進化を遂げましたが、ガラス強度という地味なポイントにも、きっちり対策をしているところが素晴らしいと思います。(背面もそうなら完璧でしたが..)

そのうち、前面、背面の割れを全く気にせずに、iPhoneを使える時代が来るかもしれませんね。

icon

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。