アップル「iPhone 8」に自信あり!? 部品大量発注&早期量産開始?

アップルは10世代目となる、次期iPhone、おそらく「iPhone 8」に、かなりの自信を持っているようです。


Tech Trader Dailyによりますと、アップルが「iPhone 8」の量産を、例年より早い、6月に開始する可能性があると伝えています。

発売が、例年通り9月とすれば、3ヶ月分の生産量をストックでき、品薄にならずにスタートダッシュが切れそうですね。
あるいは、何か量産が難しいような要素があるのかな?(AirPodsの反省もあるのかも?)

また、Apple Products Fanによると、サプライチェーンへの発注が、例年の3倍になることが見込まれているとのことです。

このような状況から、アップルはかなり「iPhone 8」に自信がありそうです。
iPhone 7も好調なようですが、さらに8は、その上をいくのでしょうか。

その要因として、1つ考えられるとすれば、SEの後継機もiPhone 8シリーズに加わるのではないでしょうか。例年の買い替え需要+SEの買い替えも加われば、かなり売れそう。
それでも、3倍はなさそうですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。