ジョブズと新版画

NHKのサイトに「スティーブ・ジョブズ 「美」の原点」という記事が公開されています。

ジョブズが10代の頃に出会い、美的センスに大きな影響を与えた、日本の「新版画」についての話です。

「新版画」とは、明治後半から昭和にかけて制作された木版画。
10代のジョブズは、友人の家で川瀬巴水の「新版画」を見て、「版画を分けてほしい」というほど、気に入っていたそうです。

Appleを創設後には、日本の画廊に何度も足を運び、何十点もの作品を購入。
特に川瀬巴水の作品がお気に入りで、友人などにプレゼントもしていたとのことです。

ジョブズは56歳で亡くなりますが、その直前の病床にも新版画が飾られていたとのことです。


米国で日本の版画に出会う機会は、そうそうないと思いますが、偶然にも友人の家で見て、10代にしてその良さを見抜くというのは、なかなかすごい話ですね。

そして、亡くなるまで川瀬巴水の「新版画」に魅了され続けたジョブズ。「新版画」は、ジョブズが手がけたApple製品にも影響を与えているかもしれませんね。


ざっくり紹介しましたが、ぜひ元記事もどうぞ。

NHKの記事だけど、番組にはならないのかな?

created by Rinker
¥150 (2021/07/31 05:08:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,600 (2021/07/31 05:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

3 件のコメント

  • […] ちょっと前なんですけど、ジョブズが10代に「新版画」の巨匠である川瀬巴水(かわせはすい)の作品に出会い、大きな影響を受けていたとする記事をNHKさんが掲載しているとiPhone+iPad FAN (^_^)vさんが紹介されたんですけど、やっとゆっくり読むことができましたwww […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。