もう見飽きた? どこよりも詳しいiPhone箱開けレビュー!!

突然ですが、ついにiPhoneをゲットしました。
実は先日Yahoo!オークションで落札。本日無事に届きました。
 
購入レポートなども予定しておりますが、まずは箱開けレポートを。といっても、すでにあちらこちらで、やられまくっているので、もう見飽きたかもしれませんが、他ではやらないくらい舐め回して行こうと思いますので、ぜひご覧下さい!!
 

DSCF3528.JPG DSCF3529.JPG

先ほどご紹介したこの箱。中身はもちろんiPhoneです!!
 
 

DSCF3530.JPG DSCF3532.JPG

クッションに囲まれ、遠路はるばるやってきました。(別にアップルの梱包じゃないので、ここまで詳しくやる必要もないか。)
箱は軽いとどこかで読んだような気がしますが、結構ずっしりしてます。
 

DSCF3533.JPG DSCF3535.JPG

ついに出たiPhoneの箱!! ピニールをかぶっていますが、アクティベート済みです。奇麗にビニールを残して開けてくれた出品者さんありがとう!!
裏面は、英語がズラズラ。米国版なので、日本語は一切なし。
 

DSCF3534.JPG DSCF3537.JPG

箱は、上に開けます。で、ついにiPhone登場!! 思ったより小さくもなく、大きくもなくイメージ通り。
 

DSCF3539.JPG DSCF3540.JPG

iPhoneをいじりたい気持ちをぐっと抑えて、まずは中身をチェック。
iPhoneの下には、プラスチックの台。そして、その下はマニュアル等が入った紙のケース。
さらに、その下にはDockなどアクセサリ類が入っています。
 

DSCF3549.JPG DSCF3550.JPG

ケースには「Design by Apple in California」と誇らしげに書かれています。
中心のベロは、取り出し易くするためのもの。
 

DSCF3551.JPG DSCF3552.JPG

最初に出てきた黒い物体は、クリーニングクロス。そして、アップルステッカー。
 

DSCF3553.JPG DSCF3554.JPG

お次ぎは、「Important Product Imformation Guide」という小冊子。
中身はもちろん英語でさっぱり分かりません。(重要なのに読まなく大丈夫だろうか?)
 

DSCF3555.JPG DSCF3556.JPG

最後は、「Finger Tips」。簡易取説です。指でどんな操作ができるか説明されています。
iPodの取説よりは、いろいろ書いていますが、iPhoneが多機能なことを考えると、これだけで済んでしまうのはすごいかも。
 

DSCF3558.JPG DSCF3541.JPG

続いては、アクセサリ類を見ていきましょう。
先ほどは裏向きだったので、わかりませんでしたが、クリーニングクロスには「iPhone」とエンボス処理されています。
 

DSCF3610.JPG DSCF3609.JPG

ACアダプタ。コンセントから付属のUSB⇔Dockケーブルを介してiPhoneを充電できます。
これが、小ちゃくてかわいい!! 奥から、MacBook用純正品、iPod用他社製品(モバイルクルーザー)、iPhone用と並べてみると、厚みはあるもの、モバイルクルーザーより小さいです。
 

DSCF3611.JPG DSCF3613.JPG

続いては、イヤホン兼通話用マイクをチェック。
巻いてあるビニールに、何やら英語で書いています。「大音量で聞くな」「運転中の通話に注意」とか書いてあるのかな?
右は、電話がかかってきた時に、電話を受けるボタン。マイクにもなっています。
一見ボタンは、ないですが、Mighty Mouseの様に、全体がカチカチとなります。
 

DSCF3612.JPG DSCF3615.JPG

耳部は、最近のiPodと同じ物。ちょっと違うのは、LとRを束ねる移動できるアタッチメント?が、iPhoneには有りません。マイクがじゃまだから?
 

DSCF3614.JPG DSCF3570.JPG

端子部。奥がiPhone、手前がiPod。長さは同じですが、マイクの付いているiPhoneは、金属部が3つに分かれています。
iPhoneのイヤホン部はちょっと丸い溝になっていて、使えないイヤホンも出てきますが、iPod用は大丈夫そうですね。
 

DSCF3546.JPG DSCF3548.JPG

続いてはDockをチェック。
ずっしり重く、裏面がiPod shuffleのDockと同じラバーになっているので、安定感があります。
 

DSCF3545.JPG DSCF3617.JPG

最後のアクセサリはDockケーブル。
iPodのDockケーブルよりも、コンパクトになり、サイドのボタンが無くなっています。
どうやって外すんだろう?と思ったら引っ張るだけでした。
なぜ、iPhoneのコネクタは引っ張るだけで外れるかというと、右の写真の?の引っかかり部の形状が違うための様です。
 

DSCF3560.JPG DSCF3564.JPG

さて、最後はiPhoneを舐め回していきましょう!!
iPodと同じ様に、フィルムでグルりと巻かれています。iPodの様な「音楽を盗用しないで下さい」とかは書いていません。
このフィルムを剥がすと、さらにもう一枚ディスプレイ面にフィルムがついてます。このまま液晶保護フィルムとして使いたいけど、気泡がポツポツは入っているのでやめときます。
 
と、今日はここまで。ごめんなさい、寝ます。続きをお楽しみに!!
 




2 件のコメント

  • billyです。こんばんは。
     
    しゅん爺さん、無事米国からの到着おめでとうございます。
    多分、今動作チェックしていると思いますが、「クリスタル・フィルム」が届くまで、本体のフィルムカバーが剥がさないほうがいいですよ。
     
    なお、私のiPhone(NYにて購入)について報告します。
     
    先日のtsuruさんのコメント
    「実際ワンクリックで済めるツールをいくつ出てきましたよ。たとえば http://www.pqdvd.com/iphoneunlock を見てください。」
    これを参考に、先程最初の「解除作業」を実施しました。
    何とたった「1分ほど」で解除完了です!これはほかの「解除ツール」より簡単だと断言できると思います。(機能チェックはまた報告します)
     
    皆さんのご参考にしてください。
    それでは、また・・・

  • billyさん こんばんは。
    やっと届きましたよ~。本当長い道のりでした。とりあえず、ちゃんと動いてるので、ホッとしてます。
    フィルムはまだそのままです。明日には届きそうなので、早速貼りますね。
     
    アンロックツール簡単なんですね!! これは記事でも報告せねば。
    ではでは。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。