2020年のiPhoneは4モデルで、すべて5G対応、有機ELに?

MacRumorsさんによりますと、JP Morganのアナリスト、Samik Chatterjee氏が、2020年の「iPhone」は4モデルになると予測しているとのことです。

MacRumorsさんより


Samik Chatterjee氏の投資家向けレポートからの内容で、4モデルのサイズは、5.4インチ、2つの6.1インチ、6.7インチになるとのことです。

全モデルで、5G対応と有機ELディスプレイに対応。

6.1インチ、6.7インチのハイエンドモデルは、トリプルカメラ、3Dセンシングを搭載。
もう1つの6.1インチと5.4インチはローエンドモデルで、デュアルカメラになるとのことです。


来年は、かなり大きな変化となりそうですね。
3Dセンシングはどのような使い方ができるのか楽しみです。

でも、価格も高くなりそう..。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。