コンパクトで高出力!! USB PD対応充電器 RAVPower「RP-PC059」を試す。

先日発売された、RAVPowerさんのUSB PDに対応した5ポート充電器「RP-PC059」を購入したので、レビューです。


「RP-PC059」は、USB-C Power Delivery(PD)充電規格に対応した5ポート充電器。
iPhoneの高速充電や、MacBook、MacBook Proの充電が可能です。

開封&外観チェック

RAVPowerさんの製品を使うのは、ワイヤレス充電器に続いて2台目。今回は、パッケージの印象が前回とずいぶん違います。
RAVPowerは、モバイルバッテリなどでは、ANKER、AUKEYに続くブランドになりつつある感じがします。

付属品は、電源ケーブルのみ。

丸みのあるデザイン。サイズは、約101x69x29mm、重量、約211gです。

USB PDの最大出力は、45W(20V/2.25A)。

5ポートのうち、最上段がUSB PD対応ポート。

それ以外も「iSmart 2.0」という機能に対応しており、接続されたデバイスに応じ、自動的に最適な充電(各ポート最大2.4A)を行います。
今回は、試していませんが、iPhone Xの場合、約2時間3分(5V/2.4A)で満充電にできるとのことです。

ライバル製品と比較

同じ、USB PD対応で5ポートの「Anker PowerPort+ 5」との比較。

USB Power Delivery対応「Anker PowerPort+ 5」を試す。前編
ずっと購入を迷っていた、多ポートのUSB充電器をついに購入しましたので、ご紹介です。 「Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」2ポートまでの充電器は持っていたのですが...   色々充電するものが多い...
PowerPort+ 5は、最大出力30Wですが、45WのRP-PC059は、それよりもひと回りコンパクトにまとめられています。

PowerPort+ 5は、前方が広がった台形の様な形状をしているので、前面を比べると、特に差が大きく感じます。

こちらは、MacBook Pro 13インチ用の純正61W USB-C電源アダプタとの比較。
さすがに5ポートなので、サイズは大きくなってしまいますが、他のUSB充電器が不要になることを考えると、純正の代わりに持ち運べないこともないかと。

ただ、純正はコンセントに直挿しできますが、こちらは電源ケーブルが必要になりますね。

MacBook Proを充電してみる


MacBook Pro 13インチ(Late 2016)に接続。
スペック通り、45Wで認識されました。



とりあえず、30分ほど充電。残量は25%増えました。このペースなら0%から2時間くらいで満充電できそうです。
(カタログスペックは「2015 MacBook 13inch:約3時間」とのこと。)

取り急ぎですが、レビューでした。

この出力で、このサイズは他にないと思います。純正電源の代わりに持ちはべなくもないサイズ。
基本は、据え置き使用だと思いますが、自宅と職場にこれがあると、毎度電源を持ち運ぶ煩わしさから、解放される場面も増えると思います。

PD非対応と比べると、少し価格は高くはなりますが、これからスタンダードになる規格ですので、あって損はないかと思います。



「RP-PC059」を探すAmazon 楽天

関連記事

最強PD対応充電器はどれ!? コンパクトな1ポートタイプ編。
MacBook ProやiPhone X/8が対応したことで、注目度が高まっているUSB PD充電器。まだまだ価格は高いですが、たくさんの対応商品が出てきています。その中で、スペックやサイズ、価格などを比較してみたいと思いま...
最強PD対応充電器はどれ!? 便利な2ポートタイプ編。
MacBook ProやiPhone X/8が対応したことで、注目度が高まっているUSB PD充電器。まだまだ価格は高いですが、たくさんの対応商品が出てきています。その中で、スペックやサイズ、価格などを比較してみたいと思いま...
非純正「PD対応 Type-C to Lightningケーブル」登場。価格は純正の約1/3。
iPhone X/8/8 Plusは、USB-PDによる高速充電に対応しました。その高速充電に必要なものは、この2つでした。 Apple USB-C - Lightning ケーブル USB Power Delivery (USB-PD) に対応する電源アダプタ後者は、いろ...




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。