超コンパクトPD 30W充電器対決!! 人気の2モデルを比較してみた。

充電器に新素材 GaN (窒化ガリウム) が採用され、一気に小型化が進んでいます。

各社新製品を出していますが、特に人気なのが、30WのPD充電器。
iPhoneやiPadはもちろん、MacBookにも対応できる出力で、サイズもポケットサイズのものが出てきています。

そんなPD 30W充電器の中でも、人気の2モデルを比較してみたいと思います。

人気の2モデル

今回比較するのはこちらの2モデル。

Anker PowerPort Atom III Slim

超薄型ボディが特徴的なポケットサイズ。
Anker PowerPort Atom III Slim

先日、発売となった、Ankerさんの世界最薄デザインのPD30W対応充電器「PowerPort Atom III Slim」を購入しましたので、ご紹介します。世界最薄デザインまずは、開封&外観チェック。届いてびっくりなのが、そ...

RAAVPower RP-PC120

最近登場した、RAVPowerさんのコンパクトモデル。

RP-PC120

先日、RAVPowerさんから発売された超コンパクトな、Power Delivery3.0対応、最大出力30Wの充電器「RP-PC120」を購入しましたのでご紹介。パッケージまずは、パッケージからチェック。写真では比較対象がないとわ...

サイズ比較

どちらも超コンパクトですが、デザインが全く異なります。
キューブなRAVPowerと、スリムなAnker。
デザイン的に好みが分かれるところだし、実際使い勝手も違います。

厚みはこの差。
Ankerを半分に切って重ねたら、RAVPowerになる感じ。

コンセントはこの方向。
壁に刺さった時の見た目も、大きく異なります。

 

使い勝手は?

同じPD30Wで、充電速度などは、ほぼ差がないはずなので、詳しくは紹介しません。
でも、コンセントに挿している状態は大きく違うので、比較しておきます。

Ankerは、薄型デザインでカバンなどに入れる時に収まりがいいのと、奥行きがないところでも使えそう。
また、使用中はブルーのLEDが点灯します。

RAVPowerは、ケーブルの抜き差しが容易だったり、テーブルタップなどで、隣に大きめの充電器があっても使えるのがメリットですね。

 

スペック比較表

両者のスペックの違いを表にまとめてみました。

 RAVPower
「RP-PC120」
Anker
「PowerPort Atom III Slim」
外観
カラーホワイト
ブラック
ブラック
サイズ42 x 42x 30 mm
体積:52.9立方cm
76 × 45 × 16 mm
体積:54.7立方cm
重量60g±5g約57g
出力5V/3A
9V/3A
12V/2.5A
15V/2A
20V/1.5A
5V/2.4A
9V/3A
15V/2A
20V/1.5A
入力100V-240V100V-240V
価格ホワイト:3,299円
ブラック:3,499円
2,599円

形状は全く違う2モデルですが、体積はほぼ同じ。
これくらいが、今のPD 30W充電器の限界かな?

その他のスペックにも大きな違いは無し。
どちらを選ぶのか、決め手になるのは、デザインと価格かな。

 

まとめ

Appleの純正30Wと比べると、どちらもはるかに小さく、持ち運ぶユーザーにとっては、必携なアイテムになりそう。

RAVPowerもAnkerも、どちらも有名ブランドですので、どちらを選んでも問題ないと思います。

あとは、デザインと形状による使い勝手の違いで、お好みの方をどうぞ。

【期間限定クーポン】
10月13日まで、「RP-PC120」が20%OFFになるクーポンコード「PC120Line」が利用できます。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。