「iPhone 12」を最高速で充電!! 20W USB-C充電器3モデル比較。

「iPhone 12」シリーズでは、充電器(電源アダプタ)の付属が廃止されました。

ケーブルは付属されますが、従来とは異なる「USB-C Lightningケーブル」に変更されたため、従来の充電器も使用できません。

しかし、付属の「USB-C Lightningケーブル」と、別売りのUSB-C充電器を使用することで、これまでよりも高速にiPhoneを充電することができます。

特に「20W(9V、2.22A)」という仕様に対応した充電器は、iPhoneを最高速で充電することができます。

これまで、スマートフォンなどの高速充電時の最高ワット数は、18Wが主流でした。
しかし、「iPhone 12」では、最高20Wまで対応となりました。

ですので、まだ20Wに対応した充電器は多くありませんが、「iPhone 12」の発売に合わせて登場した3モデルをご紹介、比較したいと思います。


20W対応充電器3モデル

Apple「20W USB-C電源アダプタ」

まずは、Apple純正。

20W USB-C電源アダプタ 2,200円

安心の純製品。
間違いない製品ですが、少しサイズは大きいです。


Anker「PowerPort III Nano 20W」

Anker PowerPort III Nano 20W 1,780円

モバイルバッテリーや充電器などでおなじみのメーカーとなったAnkerの新製品。
今回紹介する中では、サイズは最小です。


Aukey「Omnia Mini 20W」

AUKEY Omnia Mini 20W 2,000円

ここ数年で台頭してきたAukeyの新製品。
人気のOmniaシリーズの最小モデルです。
こちらは、ブラックもあります。


サイズ比較

3つの充電器を、まずサイズから比較してみます。

それぞれ、この様なパッケージ。
右のAnkerは、箱は大きいですが、ケーブルが付属したりするわけではありません。


左から「AUKEY Omnia Mini」「Apple」「Anker PowerPort」。
Apple純正がひとまわり大きいですね。



サイズは、
Apple:41×42×28mm(プラグを含めた全長55mm)
Anker PowerPort:30.5×27×27mm(プラグを含めた全長45mm)
AUKEY Omnia Mini:30.5×28.8×28.8mm(プラグを含めた全長45mm)

最も小さいのは、「Anker PowerPort」。「AUKEY Omnia Mini」もほとんど変わりません。


ちなみに、従来iPhoneに付属していた5Wの充電器と比べると、わずかにサイズは大きいです。


出力比較 有線編

出力の仕様は20W。ちゃんとその値が出ているかどうか確認します。
この出力が小さいと、充電が遅くなります。

ケーブルは、「iPhone 12」に付属のケーブルを使用しました。

先ずは「Apple」。
出力は、19.35W。20Wに近い数字が出ています。


続いて、「Anker PowerPort」。
こちらも19.53Wと、20Wに近いです。


最後に「AUKEY Omnia Mini」。
こちらもほぼ同様でした。

それぞれ値は違いますが、値(特に電流値)は常に変動しており、たまたまシャッターを切った時点での値を記載しました。
実際に変動する値を見ていた感覚では、ほぼ差はありません。

ただ、比較的安定している電圧値については、仕様は9Vですので「AUKEY Omnia」が最も近い値を出していました。個体差のレベルかな?
(測定器も安物ですので、細かい値まで正確かはわかりません…)


出力比較 MagSafe編

今度は、ワイヤレス充電のMagSafe充電器を使用した場合の比較です。

仕様では、MagSafeでの充電の最高出力は15Wとなっています。
(「iPhone 12 mini」は、12W)




こちらも、3モデルとも仕様通りの15Wが出ていました。

ただし、有線での充電と比べると、3モデルとも値の変動が大きいです。
写真では、15Wに近いですが、瞬間的には18Wになったり、13Wになったり。

MagSafe充電器では、iPhoneの位置決めがされるとはいえ、ワイヤレスなので、仕方ないかのかな。(変動するから、何か問題があるというわけでもないと思う)


20W以上の充電器ではどうなる?

今回は紹介したのは、20W(9V、2.22A)仕様に対応した充電器ですが、それ以上の出力仕様の充電器を使用した場合は、どうなるのでしょうか?

こちらで試してみました。

AUKEY 36W Power Delivery3.0対応 USB-C2ポート 折り畳み式プラグ PA-D2
こちらが対応する出力の仕様は、 5V/3A, 9V/3A、12V/2.5A、15V/2A、20V/1.5A。

有線で充電してみたところ、20Wの充電が可能でした。

電圧値はほぼ9Vになっていますので、「PA-D2」が対応する5つの仕様のうち「9V/3A」の仕様が使われている様です。
電流値は可変ですので、最適な値に調整され、20Wが出力されていると思われます。


まとめ

20W充電器はとてもコンパクト。プラグは折りたためないので、持ち運びには少し不便ですが、他の充電器を邪魔することがないので、コンセントに挿しっぱなしでもいいかもしれません。

また、充電の能力といても、スペック通りで、どれも「iPhone 12」シリーズを最高速、最短時間で充電できることが確認できました。

スペック的な差はありませんので、デザイン、価格で選べばいいかと思います。


また、より高出力の充電器でも、高速充電が可能でしたので、MacBookなどもお持ちの場合は、高出力の充電器を選ぶのもいいかもしれません。選択の幅は広がりますね。

iPadなどと同時充電される方は、2ポートの高出力タイプなどもおすすめです。

詳しくは、こちらもどうぞ。

ついに発売された「iPhone 12」。すでにゲットされた方も多いかと思います。「iPhone 12」シリーズは、付属品がケーブルのみ。別途、充電器(電源アダプタ)が必要です。しかも付属のケーブルも、従来の「USB-A Light...

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,200 (2020/12/01 16:54:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。