家電を手軽にスマート化!! 「SwitchBot」シリーズをいろいろ試してみた。

以前ご紹介した、スマートリモコンの「SwitchBot」。

Siriはもちろん、AmazonのEchoとも連携し、テレビの操作など、便利に使っています。

先日購入した、家電などをスマホで操作できる、スマートリモコン「SwitchBot Hub mini」をご紹介します。「SwitchBot Hub mini」は、スマホアプリから操作することで、赤外線リモコンに対応した家電を操作できる製品...

「SwtchBot」には、スマートリモコンだけでなく、その周辺機器も充実しており、それらを使用することで、活用の幅が広がります。

今回は「スマートプラグ」「温湿度計」「加湿器」を購入し、いろいろやってみました。

SwitchBotシリーズ周辺機器紹介

まずは、それぞれの製品を簡単にご紹介します。

スマートプラグ

スマートプラグ Wi-Fi コンセント
家電などのコンセントをスマートプラグを中継することで、スマホのSwtchBotアプリからON/OFFの操作ができます。

消費電力の測定や、スケージュール設定での ON/OFFも可能。

Wi-Fi接続ですので、外出先からも操作が可能です。

 

温湿度計

デジタル 温湿度計 スマート家電 – 高精度 スイス製センサースマホで温度湿度管理 アラーム付き

アプリでアラーム通知や履歴確認できる便利なスマート温湿度計です。
温度、湿度の表示はもちろん、アレクサに声かけして温度、湿度を確認することもできます。

Switch Hub miniと連携すれば、温度、湿度をトリガーにして、家電を自動コントロールすることもできます。

さらにさらに、温度、湿度を本体に36日間分記録。iPhoneに読み込むこともできます。温度、湿度ロガーとしても、この価格はかなりお得だと思います。

管理人はキャンプが趣味なのですが、クーラーボックスの中に入れておくと、フタを開けずに、iPhoneで中の温度を確認することができて便利です。

 

加湿器

スマート加湿器 3.5L 大容量 除菌 アロマディフューザー 超音波式

超音波式の加湿器。3.5Lの大容量タンクで最大48時間連続運転が可能。

本体はシンプルなデザインですが、「SwitchBot」アプリから加湿量や、タイマーの設定が可能。Wi-Fi接続ですので、外出先からも操作が可能です。

温湿度計を組み合わせて使えば、部屋の湿度を一定に保つこともできます。

 

温度で暖房便座を制御する

まず試してみたのは、温度による暖房便座の電源ON/OFF制御。

トイレの暖房便座のコンセントにスマートプラグを設置し、温湿度計も設置します。

次に、「SwitchBot」アプリで、暖房便座をON/OFFする条件を設定します。

ここでは、15℃以下になったら、暖房便座をONする設定を作成します。

周辺機器をアプリに登録。

設定は「シーン」と呼びます。

条件として、温湿度計を選択。

条件として「15℃以下」を設定。

続いて、その条件でのアクションを設定。「SmartBot Plug」を選択。


「温度15℃以下」で「SmartBot PlugをON」する、というシーンの設定完了です、
同様に「OFF」の設定も作成します。

さらに、 何時この条件をONするか、という設定も可能です。

実際に動作させた感じは、条件通りに動作はしますが、タイムラグがあるようです。
あまり頻繁にON/OFFしないように、バッファを持たせているのかも? 今回の使い方では、それほど問題ないレベルです。

 

湿度で加湿器を制御する

続いては、加湿器の制御。
今度は湿度をトリガーに動作させます。

先ほどと同様に、条件とアクションを設定。

アクションには、目標湿度が1%単位で設定できます。

湿度45%以下で、加湿器を55%設定で動作させる設定。

45%以下になると動作開始。かなり勢いよく噴き出します。

湿度でON/OFFするくらいなら、普通の加湿器でもできちゃうかな?
ただ、気温や時間など、より詳しい条件も設定可能なので、自分好みの設定で使うことができると思います。

また、アロマオイルで、アロマディフューザーとしても使えます。

 

まとめ

SwitchBotは、周辺機器を追加することで、さらに使い方が広がります。
スマートプラグも、温湿度計も複数台接続可能で、いろいろな機器が制御できるようになります。

スマートプラグによる電源のON/OFF、スマートリモコンでのリモコン操作以外に、物理的なボタンを押すことができるSwitchBotもありますので、ほとんどの機器の操作ができます。

SwitchBotシリーズは価格がお手頃なので、導入の負担も少ないです。
使ってみて気に入ったら、機器を追加していくのもいいと思います。

また、SwitchBotシリーズ以外でも、IFTTTを使えば連携が可能です。

今使っている機器が、簡単にスマート化できるSwitchBotシリーズ、おすすめです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。