こんなところは苦手です。ロボット掃除機「dyson 360 Heurist」レビュー。その3

先日購入したロボット掃除機、「dyson 360 Heurist(ヒューリスト)」の便利さ、可愛さなどを「360 Heurist」にどハマりしている管理人が紹介するレビュー、その3です。

ちょっと前から掃除機の調子が悪く、6月のLINE Payの「Payトクキャンペーン」を利用して購入することにしました。量販店で、最初はコードレスか有線か、とか、紙パックかサイクロンか、とかでいろいろ迷っていた...
先日購入したロボット掃除機、「dyson 360 Heurist(ヒューリスト)」の便利さ、可愛さ、愛くるしさなどを紹介するレビューその2です。その1いざ稼働!前回、設定が完了したので、いよいよ稼働です。吸引の強さ...

前回は、初稼働でしたが、惜しくもゴールできず。

今回はリベンジです。


パイプは苦手?

この日も、朝、スタートを見届けて出勤。

とりあえず順調だったが..



えっ!? 何?? 何が起こったんだ〜。
もうちょっと詳しい状況を教えてくれたらいいんだけど、「動かない」って、言われても、心配が募るばかり…。



先に帰宅した妻が発見した写真がこちら。
リビングに、折りたたみ式の鉄棒(ほとんど物干しに使用)の足のパイプに乗り上げてました。

キャタピラ式の足は、段差に強いのですが、高めの段差には乗り上げて動けなくなることもあるようです。
この日、もう一度試しましたが、やはり乗り上げてしまったので対策しました。

座布団で防御。単純ですが、これなら乗り上げることはありません。




隙間にハマる。

もう1つdysonくんの苦手がわかりました。


コンパクトなボディを活かして、便器と壁の間にも入っていくのですが、出られなくなってしまったdysonくん。

5分くらいこのままで、いたたまれなくなり、充電ドックへ戻してあげました。

隙間がちょうど、dysonくんにぴったりだったので、こうなってしまったようですが、今のところ、この1回だけ。(いつも、ずっと見ているわけではないので、もしかしたら数分間で抜け出したりしているのかも?)
今後、何度も起きるようなら、奥まで入れないように障害物でも置いておきます。


ゴツンする

苦手というほどではないですが、ちょっと注意が必要なところも。


上が出っ張っており、下が凹んでいるところ。
あるいは、下が空間になっているところ。

dysonくんは、センサーで障害物を検知して、ほとんどのものには、触れずに避けることができるのですが、センサーが下の方を見ているようで、上の方だけ出っ張っているものには、当たってしまうことがあります。

当たった時点で、dysonくんも気付いてバックしますし、高速でぶつかるわけではないですが、花瓶、置物など、壊れやすものは注意が必要です。


マットがずれる

前回も少し書きましたが、トイレマットなど、小さいマットはdysonくんのキャタピラで、ズラしてしまうことが多いです。


マットを吸い込んで、掃除が中断されることはないですが、小さなマットは撤去しておく方がいいと思います。

マットが動いてしまって、キャタピラが空転しても、dysonくんが現在地を見失うことはありません。(カメラで見てるので)

ちなみに、こちらの動画によると、カーペットなどで毛足が長いと、回転ブラシがカーペットの毛を巻き込んで止まってしまうそうです。毛足が長いカーペットなどがある場合はご注意を。



今回は、dysonくんのちょっと足りないところをご紹介しました。

でも、そんなdysonくんでも、ちゃんと働けるように環境を整えてあげるのもご主人様の努め。
何と言っても、dysonくんには、そうしてあげたくなる見た目の可愛さいがあります!


まだ、レビューは続きます..。



dyson公式ストアでは、「30日間返金保証」があります。
購入後、満足できなかったら、30日以内なら返品可能です。
可愛すぎて、手放せないと思うけど…。



「dyson 360 Heurist」の長期レビュー記事をまとめました。
購入検討されている方、必見です!!

はじめてのロボット掃除機「dyson 360 Heurist(ヒューリスト)」を使って、約1ヶ月が経ちました。これまでにもレビューしてきましたが、今回は総まとめ。購入、設定、使用開始から、1ヶ月使ってみての「dyson 36...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。