カンチレバーの謎に迫る!? iPad Pro用「Magic Keyboard」レビュー

遅ればせながら、iPad Pro用「Magic Keyboard」(11インチ用)を購入し、使ってみましたので、レビューします。

その使用感だけでなく、一番気になっていた「フローティングカンチレバー」の仕組みについても、迫ってみたいと思います。



開封の儀

開封の儀というほどではありませんが、簡単に開封のご紹介。

箱の状態で、なかなかずっしりきますね。


新型iPad Proのカメラに合わせた大きな開口があります。

質感は、Smart Keyboard Folioに比べると、ややマットな感じ。
(Smart Keyboard Folioが、使い古しなので、ツルツルしてきているだけかも?)


開くと中にiPadのダミーと、その中にドキュメント類が入っています。


開閉してみた

さて、一番気になっていた「フローティングカンチレバー」の開閉の具合をチェックします。

開いていくと、まず根元のヒンジが開いていきます。


この角度まで開くと、根元側のヒンジは全開。


もうフタ側のヒンジ(?)が開き始めます。

特に意識することなく、普通に開いていけば、根元のヒンジ、フタ側のヒンジの順に開くようになっています。

ただ、開くときは、キーボード側が軽いので、MacBookのように片手で開くことはできません。
片手でキーボード側を抑えて、もう一方の手でiPad側を開くという、両手作業が必要になります。


iPad Proの着脱

次は、iPad Proの着脱について。
公式ビデオでは、一瞬で(片手で?)外すような場面もありましたが、本当にそんなに簡単なのか?

装着は、iPadを近づければ、正しい位置に吸い付いてくれます。


外すときは、Magic Keyboardを片手で押さながらiPadを外さないと、持ち上がってしまうようですが、ちょっと工夫すれば片手でも可能。

まず、iPadの浮いてる下の部分を持って…

iPadをMagic Keyboardの間に指を入れるような感じにすれば…


ぱかっと外せます。

マグネットで着いているだけなので、着脱作業はとても簡単。
iPad単体と、キーボードスタイルを気軽に切り替えできるのはいいですね。


キーボードとトラックパッド

Smart Keyboard Folioの、ちょっと打ちづらいキーボードと比べると、はるかに進化した、MacBookと同様のMagicキーボードと、初めて搭載されたトラックパッドをチェックします。

見た目は本当にMacBookみたい。
打鍵感も、しっかりとストロークがあり、タイピング中心の作業も問題なさそうです。


バックライトもMacBookと比べて、遜色なく光ってます。


トラックパッドは、MacBookのような擬似クリック感ではなく、メカ的なクリック感があります。(電源が供給されていなくても、カチっとなる。)

サイズは、MacBook Airと比べると面積は半分くらいかな。
横の長さは十分ですが、縦が方向が狭く感じます。二本指で縦スクロールするときは特に。
もう少し、キーボードを奥にして、トラックパッドが広くなるといいんですが。


「フローティングカンチレバー」の謎に迫る!?

開閉は実にスムーズにしてくれる「フローティングカンチレバー」。
その構造はどうなっているのか? チェックしてみたいと思います。

根元側のヒンジ。
直径10mmくらいの円柱形ですが、ほんどがキーボード側に支えられており、中央の100mmくらいの幅がフタ側に繋がっています。
ここで、フタ側とiPadを支えています。


そして、今回のMagic Keyboardで最も注目のギミック。フタ側にあるヒンジ(?)。

ここにヒンジ的なものがあるとは信じがたいが…
内側からみると円柱状のモノが、埋まってる感じがしますが、じつは真っ直ぐな状態では、この部分はぷにゅぷにゅしています。


そして、曲げると固くなります。

根元側のようなヒンジの構造ではなく、板状のものが仕込まれている??

外観からは、これ以上のことはわかりません。
ただ、開閉はスムーズでありながら、十分な剛性が確保されているように感じました。

やっぱり内部がどうなっているのか知りたい!
iFixitさんが分解中ということですのでレポートを待ちたいです。

まさかのiPad Proを浮かせる「フローティングカンチレバー」を採用したiPad Pro用「Magic Keyboard」。あのサイズの中に、どのようにiPad Proを浮かせる構造が収められているのか?その謎がついに解き明かされそう...


「Smart Keyboard Folio」との比較

トラックパッドのない、従来タイプの純正キーボード「Smart Keyboard Folio」との比較です。

キーボード側の開放感が全然違いますね。iPadをフローティングしている分、広々としています。
もちろんキーの構造も進化しており、打ちやすさアップ。


角度は、Folioは2段階。寝かせた方と、Magic Keyboardの最も寝かせた状態がほぼ同じ角度です。

Magic Keyboardは無段階で調整可能で、垂直よりさらに手前に倒すこともできます。



両者のスペックの違いをまとめておくと…

  • USB-Cポート搭載
  • シザー構造のキー
  • バックライトキーボード
  • トラックパッド
  • 無段階角度調整
  • フローティング機構
  • 背面にアップルロゴ

Smart Keyboard Folio」の価格は、18,800円。
Magic Keyboardとは1.3万円の差ですが、これだけ違えば、納得かも。

ただ、重さだけはFolioが有利。
Folioが298gに対して、Magicは2倍の600gです。


気になるところ

管理人的に気になったところをいくつか。

トラックパッドのクリック音が大きい

トラックパッド小さいのは仕方ないとして、ちょっとクリック音が大きいのも気になりました。

長らくMacBookの感圧式に慣れているせいもあるかもしれませんが、カチカチという気になりました。
メカ式だから仕方ないかな?


開閉時にキーボード側が押さえにくい

前述のように、開くときにはキーボード側を押さえながら、開かないといけないのですが、突起などがほぼないので、押さえにくいです。

わずかな隙間を狙って、指を引っ掛ける必要があります。慣れれば気にならない?


第1世代11インチとの相性

第2世代のカメラ部に合わせて作られているので、どうしてもこうなってしまいます。

iPhone X/XSを、iPhone 11に偽装するカバーがありますが、第1世代のカメラ部を第2世代に偽装するやつないかなぁ。


まとめ

はじめてのフローティング構造に、iPad用のトラックパッド、そしてMacBookと同じMacgic Keyboard。
今考えられるすべてを詰め込んだ「Magic Keyboard」。とても野心的な製品だと思います。

ただ、重い。
iPad Proと合わせると1kgを超えます。フローティング構造にするには、この重さは仕方がなかったんだとは思いますが..。

重さで比べると、MacBook Airとの差は200g程度、iPad Pro + Magic Keyboardの方が軽い。
価格は、MBAの最安モデルより、256GBのiPad Pro + Magic Keyboardで、1.5万円ほど高くなります。

どうしてもMacBookと比べたくなってしまいますが、iPadとMacは別物。
少しでも軽い方が…という理由だけでiPad + Keyboardにしてしまうのはオススメできません。

まだまだMacにしかできないことはたくさんありますし、iPadにはiPadの良さがあります。
目的と使用スタイルを考えて、iPadにするのか、Macにするのか。また、Magic Keyboardが必要なのか、見極める必要があると思います。


管理人自身、これまでになかったトラックパッドがついてMacBookにかなり近い環境と、タブレットの軽快さの両方を兼ね備えているこの製品を、使いあぐねています。

MacBook Proもあるので、どう使い分ければいいのか? そもそも必要なのか?
まだiPadとトラックパッドの組みあわせに慣れていないというのもあり、もう少し評価が必要かもしれません。

購入

品薄が続いているようですが、US版は即納で買えるようです。

発売以来、品薄の続いているiPad Pro用「Magic Keyboard」。Apple公式ストアでは、3〜5週間待ちとなっていますが、Amazonなら言語によっては、即納となっています。(記事投稿時点で。)「Magic Keyboard」には、7つ...



関連記事

昨日静かな発表となった新型「iPad Pro」。LiDARスキャナや、A12Z Bionicを搭載し気になりますが、それよりも心を揺さぶられたのが、「Magic Keyboard」の方。トラックパッドの搭載は、予想された流れでしたが、ま...
Apple公式ストアで、iPad Pro用「Magic Keyboard」の注文受付を開始しています。受付開始直後は、4月21日以降にお届け予定となっていましたが、すでに「お届け予定日:2020/05/14 - 2020/05/21」となっており、かな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。